甲子園浜探鳥記
2006年5月20日(土) 雨のち晴れ
今日は午前中雨だったので、昼から甲子園浜にシギチを見に行きました。今日は小潮であまり潮が引いていなかったので、保護地区の干潟はあまり出ていませんでした。保護地区以外は浜に出られるので移動すると、なんとたくさんのシギチがいました。保護地区の方は干潟が出ていなかったのでこちらに移動したのでしょう。浜で遊ぶ人の近くまで寄ってきてエサを捕っています、保護地区外とはいえシギチ保護のため警備員が巡回しているので危害を加えるような人がいないことを知っているのでしょうね。さすが自然界で生きているだけあって、野鳥はしたたかです。

☆画像をクリックすると大きな画像をご覧になれます☆
チュウシャクシギ(チドリ目シギ科)
カニ取り名人のチュウシャクシギさん、今日もたくさんのカニ
を捕っていました。
チュウシャクシギ(チドリ目シギ科)
長いくちばしを上手に使ってカニを捕まえます。
捕まえたカニは、振り回して足を落としてから食べるそうです。
コアジサシ(チドリ目カモメ科)
上空から水中に飛び込んで小魚を捕らえました。
よくもまあ、あんな高い所から小さな魚を見つけられるもんですね。
視力10,0だったりして。(^▽^)
キアシシギ(チドリ目シギ科)
綺麗な黄色の脚が特徴です。
よく動きまわってゴカイなどを捕食します。
ハマシギ(チドリ目シギ科)
夏羽です。腹の黒い大班が特徴です。
でも冬羽は見たこと有りません。(^u^)
メダイチドリ(チドリ目チドリ科)
たぶん、メダイチドリだと思います。
冬羽がら夏羽への換羽中なのでしょうか?
シギチの見分けは難しいです。
シロチドリ(チドリ目チドリ科)
忙しい鳥さんです。
走り出すと止まりません。
ちょっと落ち着きなさい。
キョウジョシギ(チドリ目シギ科)
この固体はまだ冬羽なんでしょうか?
他の固体に比べちょっと黒い感じでした。
トウネン(チドリ目シギ科)
シギ類の中では小型です。
いつも群れで行動しているようですね。
inserted by FC2 system