千里の公園探鳥記
2009年2月1日(日) 曇り時々晴れ
 
 今年もコイカルが来ているらしいので、埋立地に行ったあと千里の公園を覗いて見ました。昨年も見に行こうと思ってたんですが、結局行けず今年こそ見に行こうと決めていました。この前都市公園めぐりをした時も寄って見たのですが、その時は見事ふられたので今日はリベンジです。公園に着いて探し始めましたがどこにいるか分からないので、とりあえずうろうろしていると池の方を双眼鏡で見ている人を発見。何が居るのか見てみると、オシドリがオス・メス合わせて10羽ほどいました。今日はコイカルが目的なので、オシドリは後回しにして探索を再開。コイカルを求めて広場の方に行って見るとカメラを構えた数人の人を発見しました。レンズの方向を見ると地面の方を向いています。「地面→エサ→イカルの群れ→イカルの群れの中にコイカル」なんて強引な発想でしたが、行って見ることにしました。カメラを構えている人の後ろから地面の方を見てみると、イカルの群れがエサをついばんでいます。ざっと50羽以上いるんじゃないでしょうか、さすが通称イカル公園と呼ばれることはあるなと感心しながら群れの中からコイカルを探してみたら直ぐ見つかりました。嬉しいけど、この前は全然見つける事ができなかったので、何か拍子抜けした感じです。飛んでいかないうちに撮らなきゃと急いでカメラをセットして撮影開始。でも写真を撮り始めてから帰るまで約2時間の間ずっと同じ場所でエサを食べていました。帰る時もまだいたのですが、数百枚も撮ったし、同じような写真ばっかりなので撤収しました。
 

☆画像をクリックすると大きな画像をご覧になれます☆
コイカル♂(スズメ目アトリ科)
数が少なく珍しいコイカルですが、毎年この公園にやってくるようです。
不思議ですね。
コイカル♂(スズメ目アトリ科)
この日居たのはオスだけで、メスは居ませんでした。
メスも見てみたいです。
コイカル♂(スズメ目アトリ科) 
後ろ姿です。
翼がデレ〜っとしてちょっとだらしないですね。
コイカル♂(スズメ目アトリ科) 
コイカルを撮っていて面白かったのは、人が近くを通るとイカルは
驚いて直ぐ近くの木に避難するのですが、コイカルは逃げません。
度胸があるのか、ドンクサイだけなのか、イカルが逃げて
ポツンと取り残されたコイカルを見ているとちょっと面白かったです。
コイカル♂(スズメ目アトリ科) 
この日公園にはオスが2羽居ました。
公園で見ていた人の話では、近くの団地にもう1羽居るそうです。
全部で3羽きているみたいですね。
コイカル♂(スズメ目アトリ科) 
日陰になった場所にばかり居て、日の当たる場所
にはなかなか出てきませんでした。
唯一日の当たる場所に出てきたところをパチリ!
日が当たると目が赤いのが良く分かります。
イカル(スズメ目アトリ科)
こちらは普通のイカルです。
比べて見ると頭の黒頭巾と体色の違いが良く分かります。
コイカルが居た場所は人が行き来する公園の広場でした。
カメラマンやバーダーさんに回りを取り囲まれても構わず
エサを食べていました。
オシドリ♂♀(カモ目カモ科)
コイカルを撮った後、オシドリを見に行きましたが、
ここは居る場所が遠いです。

 
 
 
 

inserted by FC2 system